株式会社クイックのWebサービス開発blog

HAPPYなサービスプランナー・エンジニア・デザイナーのブログです。

Googleフォームを使ったアンケートをHTMLメールで送信する【基礎】

日課内で『ピザ会』企画があり、ピザをたくさん食べた後にシメのパスタと闘いました。 サービスプランナーのmkです( ^ω^ )

気づけば早くも入社3年目、3回目の登場です。

今回はGoogleフォームを使ったアンケートを、HTMLメールに載せて弄ってみたのでその紹介をしたいと思います!

今回のゴール↓↓↓↓

記事のタイトルとアイキャッチ画像をメールに反映した結果のイメージ
フォームのイメージ
今回のゴール

やりたいこと:HTMLメール×Googleフォーム

クイックが運営するメディアの1つに「Dybe!」というサイトがあります。

ten-navi.com

メディアに関わっている人は誰しもが気になる、『実際記事に対してどう思われているのだろう......』というユーザーの生の声。

せっかく社内にターゲット層がいるので、率直な意見を聞いてみよう!ということで、アンケートを実施することにしました。


Googleフォームからメールを送信した場合の表示
Googleフォーム上で送信したメール

Googleフォーム上から対象者にメールを送信すると、「タイトルやアイキャッチ画像をみて直感的に回答してください」と書いてあるのに、それを確認するにはサイトかTwitterに行かないといけない状態に。(フォームにとんでもTwitterのリンクのみ)


サイトの特性として「タイトルとアイキャッチ画像をみたときの意見」が重要なので、どうにか実現したい!

※Dybe!はSNSやキュレーションメディアからの流入を想定しているサイト。


しかし、Googleフォーム上でそれを満たすためには、毎回アイキャッチの画像をUPをしなければならない...

フォーム自体を毎回編集して送信するのは手間である...

ということで、メール上に「タイトルとアイキャッチ画像を自動で表示させる!」ことを達成するためにHTMLメールの作成をしてみました( ^ω^ )


やったこと①:GASでHTMLメールを作成

function sendGmail(){
      var to = '送信対象者のメールアドレス';
      var mailTitle = 'メールのタイトル'; 
      var mailText = 'HTMLメールが表示できない相手の場合のテキストを設定';
      var html = HtmlService.createHtmlOutputFromFile("message").getContent();
      
      // オプションでHTMLメールの中身を指定
      var options = { htmlBody: html, from:'送信元アドレスを指定' };
      
      // メールを送信
      GmailApp.sendEmail(to, mailTitle, mailText, options);
}

※HTMLメールの中身は別(message.html)で指定

※送信元のアドレスはGmailの差出人登録をされているメールアドレスのみが有効。 登録されていないメールアドレスを入力しても、反映されませんので注意が必要です。


やったこと②:記事のURLからタイトルとアイキャッチ画像を自動で取得

var url_article = '記事のURL';
var meta_title = /<title>([\s\S]*?)<\/title>/i;
var meta_img = /<meta property=\"og:image\" content=\"(.*)\">/i;
var title = meta_title.exec(UrlFetchApp.fetch(url_article).getContentText())[1];
var img = meta_img.exec(UrlFetchApp.fetch(url_article).getContentText())[1];

※今回はtitleタグとog:image用のmetaタグから情報を取得

やったこと③:メールにタイトル、アイキャッチ画像、フォームを反映

メールの内容をmessage.htmlに書く。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <style>スタイルはここに</style>
  </head>
  <body>
    <p>お疲れ様です、Dybe!編集部です。<br>記事アンケートにご協力お願いいたします!</p>
    <h2>Dybe!記事アンケート     </h2>
    <!-- ▼▼記事ここから -->
    <div class="post_container">
      <div class="post_block-text">
        <div class="text">
          <div class="in-pict">
            <img src="画像URLが入ります">
          </div>
          <p>タイトルがここに入ります<br>
          <a href="記事URLがここに入ります">記事URLここに入ります</a></p>
        </div>
      </div>
    </div>

    <!-- ▼▼アンケートここから -->
    <div class="form-style">
      <form action="">
        // フォームの中身がここに入ります
        <button type="submit" name="button" value="送信">内容を送信</button>
      </form>
    </div>
  </body>
</html>

※今回は、②で取得した情報をもとにreplaceでHTMLメールに反映しています。

※スタイルはお好みに。

やったこと④:Googleフォームの要素とHTMLメールのフォーム要素を紐づける

初めはGoogleフォームでの運用を開始していたこともあり、送信した情報がGoogleフォームで回答した結果と合わせて残るようにしたい!ということで、地道にGoogleフォームのIDを紐づける作業……

作成したGoogleフォーム(プレビューモード)にアクセスし、ソースからform actionをみつけてHTMLメールのformにaction=""部分を反映し、

<form action="https://docs.google.com/forms/d/e/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/formResponse" target="_self" method="POST" id="XXXXXX">

あとはひたすら各inputのnameを反映させる、、、

メールアドレスだとname="emailAddress"、他のinput要素は”entry.XXXXXX”という形になっているはずです。

紐づけておけば、メール上で送信したデータがきちんとGoogleフォームに送信されます〜


やったこと⑤:複数の対象者、記事にも対応(おまけ)

下記を考慮して、スプレッドシートに入力することで一度で送信できるように!

  • 1日に複数記事がUPされる

  • 複数人の対象者に送信する

  • 送信対象者を気軽に変更できるように

送信対象者・記事URLの入力例
送信対象者・記事URLの入力例


たどりついたもの

記事のタイトルとアイキャッチ画像をメールに反映した結果のイメージ
フォームのイメージ
記事のタイトルとアイキャッチ画像をメールに反映した結果

メール上でタイトルとアイキャッチ画像が確認できるように!

わざわざフォームに行かずに回答もできるので、回答者の負荷の軽減も期待できるはずです。


今回のボリューム少なめのフォームでも要素の紐づけが面倒だったので、簡単なものでの活用がおすすめです〜



気になった方は、ぜひDybe!の記事も読んでみてください!!!

ten-navi.com



\\一緒に良いサービスを作って成長したい、そんなメンバーを募集中です! //
919.jp