株式会社クイックのWebサービス開発blog

HAPPYなサービスプランナー・エンジニア・デザイナーのブログです。

続・富士ゼロックスの複合機を簡単展開【裏技発見】

お久しぶりです!SK1です。
あっという間に20代後半ですが、最近ようやく歯列矯正をはじめました。
想像以上に痛いし、とても大変。何よりも食事が一番大変です。
一食がスープだけなんて日も多く、さすがにカロリー不足?と感じることもあります。。。

このまま痩せられるのか・・・?
未だ変化はみられず・・・

おっと....このまま歯列矯正についてのブログも書きたいところなのですが、
この辺で終わりにします(๑´ڡ`๑)笑
それでは本題に入ります!

以前、同じ課の仲間であるIMAXが、ゼロックスのプリンターツールを使用して
社内のプリンタドライバーのインストールを簡単にしよう!
という記事を書いてましたね。

aimstogeek.hatenablog.com

こんな時に便利
・ユーザー権限でインストールをしたい
・白黒印刷をデフォルトにしたい


などなど、細かい設定をしたexeファイルを配布し、
各自ユーザーでインストールをしてもらう、ということが可能なツールです。

ちなみ私、クイックは2社目なのですが前職でも富士ゼロックスに限らず、
CanonRicohのツールを重宝していました。

ところが、そんな便利ツールを利用する上で思わぬ事態に・・・・
絶望していたところ、とっても簡単な作業でピンチを回避できたのでご紹介します。

急なフロア移動によるプリンタ名称の変更依頼

弊社のフロアは階数で部署が分かれています。
ユーザーがわかりやすいように、プリンタ名をこんな風に設定していました。
「C5573-×××-東京5F」「C4475-T2-東京9F」
台数が多い会社では、部署名などを記載している会社もあるかもしれません。
ちなみに私の前職はそうでした。
使用する側としてはとてもわかりやすいのですが、
「フロアが変わった」「部署名が変わった」
など、年度末の組織改編などで意外と影響してしまう部分でもあり、
あれやこれやの変更で手が回らず、一段落したところでユーザーから指摘を受けるなんてことも。

弊社では今年のゴールデンウィークにフロアの入替えに伴うプリンタの入替えがありました。
上記に伴い発生したのが「プリンタ名」の変更です。
すでに簡単ツールで作成した複数のドライバーをまた1から作り直すことを想像し、魂が抜けかけていたところ...

iniファイルを書き換えれば、プリンタ名とIPアドレスの変更ができる裏技を発見しました。
以下は簡単ツールでドライバーを作成した後です。
f:id:aimstogeek:20191011130846p:plain
Ezlnst というフォルダ中身を見ると、以下のようなファイルがズラッと並んでいます。
この中で変更を加えるのはたった一つ!「fxsetup.ini」です。
f:id:aimstogeek:20191009132056p:plain
開いてみるとこんな感じです。
f:id:aimstogeek:20191011132643p:plain
PrinterNameを変更し、テキストを上書き保存します。
※IPを変更したい場合は「OutPort」も変更
iniファイルを書き換えるだけで、プリンターの名称変更が可能でした!

ドライバー作成時の注意点

iniファイルを変更後、既存のプリンターの設定を上書きする形になり、 ユーザーには再度インストールを依頼する必要があります。
IMAXの記事でも記載をしていますが、以下の設定にご注意ください。
f:id:aimstogeek:20191011124802p:plain
1)共存できないプリンターを削除する
今回のように既存のプリンターへ設定変更等で上書きさせたい場合は、
チェックを入れましょう。

日々色々な問い合わせに奮闘しておりますが、 少しでも工数を減らしたい!
という時に役立った裏技をご紹介しました。

ではまたお会いしましょう(^^)/!


\\『明日のはたらくを創る』仲間を募集中!! // 919.jp